ヨーロッパ情報

ヨーロッパの食文化

概要

ヨーロッパの食文化と一口に言ってもそのバリエーションは多岐に渡る。

分類は諸説あるが主だったヨーロッパの料理を下記の通りに分類してみた。

主に中世ヨーロッパの宮廷料理をルーツとしているものが多い料理。


もちろん、家庭料理をベースとした料理も多いが、他の国の料理に比べ、宮廷で供された料理が庶民の料理とは別の独自の発展を遂げた。代表格はフランス料理だが、元々はイタリアの貴族の間で食べられていた料理がフランスの宮廷に持ち込まれたもの。
フランス料理
イタリア料理
ベルギー料理

主に庶民の食卓にルーツを求めることができるものが多い料理。


イギリス料理
ドイツ料理
スイス料理
ルーマニア料理
アイスランド料理
ノルウェー料理
スウェーデン料理
ハンガリー料理
スロヴァキア料理

主に地中海の食材を用いたもの多い料理。


ギリシャ料理
スペイン料理
ポルトガル料理

その他の特徴を持つ料理。


トルコ料理
ブルガリア料理

出典:DMJ