イギリス/ibeurope.com

ヨーロッパ:ibeurope.com<イギリス


イギリスとは

イギリスというとロンドンを連想しますね。でも正式名称は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」とよばれます。つまりイギリスは,グレートブリテン島(ロンドンのあるイングランド、ウェールズ、スコットランド)と、アイルランド島の北部(北アイルランド)の4つの地域から構成されます。

イギリス留学のメリット

イギリスは先述したように、4つの地域が含まれます。多様な文化を学べる国なのです。同じ英語を話す人々でも、イギリス国内で発音の違いがあり、スコットランドやウェールズでも違うのです。イギリスは島国ですが、ヨーロッパは地続きで国が隣接していますので、フランスやイタリア、ドイツなどに足を運んでみるのも良いでしょう。

ロンドンに留学するとは

イギリスの中で留学生に最も人気のある都市は首都ロンドンです。古き伝統を守りながら、常に新しいものを生み出すロンドン。伝統的な建物が立ち並ぶ、落ち着いた雰囲気の街でありながらも、ファッション、デザインや演劇、ミュージカルなど斬新なスタイルのエンターテインメントにも思う存分触れることができるロンドンは世界中の留学生たちのあこがれの都市です。世界最大の公用語である英語発祥の国であるイギリスの首都・ロンドンはヨーロッパの経済、金融の中心でもあり、さまざまな国の人々が世界中から集まります。

イギリスは世界第2位の留学王国

古きよき伝統と、最先端の新しい文化が共存するイギリスは、アメリカに次いで海外留学生が多い国。イギリスの教育は国際的な評価を得ており、昔から世界各国の多くの留学生を受け入れてきた伝統があるため、留学生が安心して学べる環境が整っています。

ロンドン留学情報!ロンドンに留学したい

ロンドンには伝統的な語学学校が多くあり、講師や授業内容が充実しています。ヨーロッパ諸国をはじめ、アフリカや南米、そしてアジアから多くの語学留学生がロンドンを訪れ、留学生を受け入れる学校側の体制も充実しています。ロンドンでの語学留学先としては、私立の語学学校、大学や公立のカレッジ付属の語学研修機関などがあります。私立の語学学校は数が多く、規模もさまざま。教育プログラムも学校によって特色があります。

イギリスってどんなところ?


UN国連

イギリスにはオックスフォードや、ケンブリッジ、ブライトン、ボーンマスなどがあります。先進国でありながら、世界的にみて重要な歴史を持つ魅力的な都市がたくさんあるのです。世界最大の公用語である英語発祥の国であるイギリスはヨーロッパの経済、金融の中心でもあり、日本をはじめ、さまざまな国の人々が世界中から集まります。イギリス英語は『クィーンズ・イングリッシュ』とよばれ、文法は他の英語圏の国より厳しく、英語力を身につけたいという方にはぴったりです。

王室文化とクイーンズイングリッシュ

イギリスは英語が生まれた国。現在も王室を中心とした「教養と文化」の継承が伴った国でもあります。王室をはじめ、ロンドンのあるイングランド南部の教養ある人たちの英語は『クィーンズ・イングリッシュ』と呼ばれ、アメリカ英語より一語一語をクリアに発音するのが特徴です。アメリカ英語でも、イギリス英語でも、世界中でコミュニケーションに困ることはありません。しかし『クィーンズ・イングリッシュ』は、世界の標準的な英語ということで認識されており、世界中で良い印象をもたれている英語です。どうせ英語を学ぶなら発音のきれいな『クィーンズ・イングリッシュ』を学びたいとロンドンに留学する人も多いでしょう。クィーンズ・イングリッシュは、文法上の違いや単語の意味・用法で、アメリカ英語とは多少の違いがあります。文法は他の国よりも厳しいので英語を基礎からしっかり身につけたいという人にもロンドンはおすすめの留学先です。

イギリスならどの都市がいい?

イギリスには魅力的な都市が多く,どの都市にするか迷う人もいるでしょう。 留学生に最も人気のある都市は首都ロンドンです。ロンドンは世界中から人が集まってくる国際都市で、語学学校も非常にたくさんあります。古き伝統を守りながらも、常に新しいものを生み出すパワーを持っている街ロンドン。伝統的な建物が立ち並ぶ、落ち着いた雰囲気の街でありながら、ファッション、デザインや演劇、ミュージカルなど斬新なスタイルのエンターテインメントにも思う存分触れることができるロンドンは,世界中の留学生たちのあこがれの都市なのです。 落ち着いた環境でじっくりと勉強に取り組みたい人には地方都市がふさわしいかもしれなせん。静かな田園風景が広がる学園都市ケンブジッジやオックスフォード、スコットランドの首都エジンバラなども留学生に人気があります。リゾート気分を味わいたい人や、マリンスポーツを楽しみたい人は,ブライトンやボーンマスなど南海岸沿いの都市もおすすめです。

★ブライトンはロンドンから列車で一時間ほどにある海辺の街。イギリス最大のリゾート地。

★ボーンマスは冬でも穏やかな気候で、ヨーロッパの中でも歴史あるリゾート地のひとつ。毎年500万人以上の観光客が訪れる。

★オックスフォードはケンブリッジとならび、中世に設立されたイギリス最古の大学であるオックスフォード大学を擁する都市。

★ケンブリッジはオックスフォード大学と並び、イギリス最古の大学であるケンブリッジ大学を擁する街で、世界でも有数の学術都市。

ウィキペディア(Wikipedia)の解説

グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく)、いわゆるイギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドから構成されている王国であり、英連邦王国の一国である。上記のほかにも、海外領土を有する。

ヨーロッパ北西部の島国である。国家体制は国王を国家元首とし、議院内閣制に基づく立憲君主制である。国際連合安全保障理事会常任理事国の一つである。公用語である英語は実質上世界共通語としての機能を果たしており、広大な英語圏を形成している。しばしば、老大国と称される。

大航海時代を経て、世界屈指の海洋国家として成長。西欧列強のひとつとして世界に植民地を拡大した。第一次世界大戦以降の勢力均衡中心の時代にあっては名誉あるバランサーを標榜し、自国と自国の交易上、友好関係にある国々、地域、植民地の経済と安全保障の安定化に向けた世界戦略を展開したことで、パックスブリタニカ(イギリスによる平和)と呼ばれる比較的平和な時代をもたらしたが、第二次世界大戦を機に植民地の大部分を失い衰退し、現在に至る。

地理

イギリスはグレートブリテン島のイングランド、ウェールズ、スコットランド、およびアイルランド島北東部の北アイルランドで構成されている。この2つの大きな島と、その周囲大小の島々をブリテン諸島と呼ぶ。グレート・ブリテン島は中部から南部を占めるイングランド、北部のスコットランド、西部のウェールズに大別される。アイルランド島から北アイルランドを除いた地域はアイルランド共和国がある。

イングランドの大部分は岩の多い低地からなり、西から東へと順に並べると、北西の山がちな地域(湖沼地帯のカンブリア山脈)、北部(ペニンネスの湿地帯、ピーク・ディストリクトの石灰岩の丘陵地帯。パーベック島、コッツウォルズ、リンカーンシャーの石灰岩質の丘陵地帯)から南イングランドの泥炭質のノース・ダウンズ、サウス・ダウンズ、チルターンにいたる。イングランドを流れる主な河川は、テムズ川、セヴァーン川、トレント川、ウーズ川である。主な都市はロンドン、バーミンガム、ヨーク、ニューカッスル・アポン・タインなど。イングランド南部のドーヴァーには、英仏海峡トンネルがあり、対岸のフランスと連絡する。イングランドには標高 1000m を超える地点はない。

ウェールズは山がちで、最高峰は標高 1,085m のスノードン山である。本土の北にアングルシー島がある。ウェールズの首都また最大の都市はカーディフで、南ウェールズに位置する。

スコットランドは地理的に多様で、南部および東部は比較的標高が低く、ベン・ネヴィスを含む北部および西部は標高が高い。ベン・ネヴィスはイギリスの最高地点で標高 1343 m である。スコットランドには数多くの半島、湾、ロッホと呼ばれる湖があり、グレート・ブリテン島最大の淡水湖であるネス湖もスコットランドに位置する。スコットランドの西部また北部の海域には、ヘブリディーズ諸島、オークニー諸島、シェットランド諸島を含む大小さまざまな島が位置する。スコットランドの主要都市は首都エディンバラ、グラスゴー、アバディーンである。

北アイルランドは、アイルランド島の北東部を占め、ほとんどは丘陵地である。中央部は平野で、ほぼ中央に位置するネイ湖はイギリス諸島最大の湖である。主要都市はベルファストとデリー。

現在イギリスは大小あわせて1098ほどの島々からなる。ほとんどは自然の島だが、いくつかはクランノグといわれる、過去の時代に石と木を骨組みに作られ、しだいに廃棄物で大きくなっていった人工の島がある。

イギリスの大半はなだらかな丘陵地及び平原で占められており、国土のおよそ90%が可住地となっている。そのため、国土面積自体は日本のおよそ3分の2(本州と四国を併せた程度)であるが、可住地面積は逆に日本の倍近くに及んでいる。

気候

イギリスの気候は2つの要因によって基調が定まっている。まず、メキシコ湾流に由来する暖流の北大西洋海流の影響下にあるため、北緯50度から60度という高緯度にもかかわらず温暖であること、次に中緯度の偏西風の影響を強く受けることだ。以上から西岸海洋性気候 (Cfb) が卓越する。大陸性気候はまったく見られず、気温の年較差は小さい。

メキシコ湾流の影響は冬季に強く現れる。特に西部において気温の低下が抑制され、気温が西岸からの距離に依存するようになる。夏季においては緯度と気温の関連が強くなり、比較的東部が高温になる。水の蒸散量が多い夏季に東部が高温になることから、年間を通じて東部が比較的乾燥し、西部が湿潤となる。

降水量の傾向もメキシコ湾流の影響を受けている。東部においては、降水量は一年を通じて平均しており、かつ、一日当たりの降水量が少ない。冬季、特に風速が観測できない日には霧が発生しやすい。この傾向が強く当てはまる都市としてロンドンが挙げられる。西部においては降水量が2500mmを超えることがある。

首都ロンドンの年平均気温は10.0度、年平均降水量は750.6mm。1月の平均気温は4.4度、7月の平均気温は17.1度。

権威

イギリスには多くの権威的学者がいる。例えば近年注目度が上がっている情報危機管理,デジタルフォレンジックの分野にはピーター・フェンレー博士がいる。
デジタルフォレンジックとは、不正アクセスや機密情報漏洩などコンピュータ犯罪や法的紛争が生じた際に、原因究明や捜査に必要な機器やデータ、電子的記録を収集・分析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術のこと。
「forensics」は「鑑識」と訳すので「デジタル鑑識」という意味合いになる。
鑑識対象はパソコン,サーバ、ネットワーク、携帯、情報家電などデジタルデータを扱う全ての機器だ。
行うのは,押収した容疑者のコンピュータから証拠となるファイルを探し出したり、サーバのログファイルから不正アクセスの記録を割り出したりする。
もちろん破壊されたディスクを復元する技術全般が該当する。
また、データが捏造されたものかどうかを検証する技術や、記録の段階でデータが改ざんできないよう工夫したりハッシュ値やデジタル署名などで同一性を保全する技術なども含まれる。
このような技術の権威がイギリスのフェンレー博士だ。
来日した実績もあり,日系企業にも指導を行っている。
博士はイギリスにてデジタルフォレンジックサービスの会社を経営する傍ら、長年HDD復旧の技術を大学機関で講義している。
詳細はデータ復旧.comのプレスリリース記事を参照の事。