クレタ島/ibeurope.com

安いヨーロッパ旅行:ibeurope.com<クレタ島

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

クレタ島(クレタとう、Κρ?τη; Kriti, Kreteまたはcrete; 現代ギリシャ語:クリティ)はギリシャ共和国で最も大きく、地中海では5番目に大きい島である。ギリシャはもとより、地中海の代表的な観光地でもある。

面積は8,300平方キロメートル、海岸線の長さは1,040キロメートルであり、北側の海はクレタ海とも呼ばれる。人口は50万人以上。島全体で一つのペリフェリエス(地方)であり、ハニア(Hania)、レティムノ(Rethimno)、イラクリオン(Iraklion)、ラシティ(Lasithi)の4つの県(ノモス)からなる。イラクリオンのニコス・カザンツァキス空港とハニアのダスカロギアニス空港という2つの重要な空港がある。主要な都市は、イラクリオン、ハニア、レティムノ、アギオス・ニコラオスである。

観光スポットとしては、クノッソス宮殿やフェストス遺跡、ゴルティス遺跡などの考古学上の遺跡、またヴェネツィア人がハニアに建てた城といった史跡や、サマリア渓谷やアギア・イリニ、アラデネなどにある渓谷など自然景観が有名である。

なお、ギリシャ共和国の主要宗教はアテネに大主教座を置くギリシャ正教会であるが、クレタ島だけは同じ正教会でもトルコのイスタンブルにあるコンスタンディヌーポリ総主教庁の管轄下にある。
UN国連