キプロス共和国/ibeurope.com

安いヨーロッパ旅行:ibeurope.com<キプロス共和国

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照

キプロス共和国(キプロスきょうわこく)、通称キプロスは、トルコの南の東地中海上に位置するキプロス島の大部分を占める島国である。ヨーロッパ連合加盟国。首都はニコシア。

キプロス島の一部は、イギリス海外領土のアクロティリおよびデケリアであり、往来は容易であるものの共和国領ではない。さらに1974年以来、南北に分断されており、島の北部約37%を、国際的にはトルコ共和国のみが承認する「独立国家」であるトルコ系住民による北キプロス・トルコ共和国が占めている。

キプロスは元来はギリシャ系住民とトルコ系住民の混住する複合民族国家だったが、分断後は事実上、ギリシャ系によるほぼ単一民族国家となっている。

地理
キプロスは、キプロス島一島からなる島国であり、地中海ではシチリア島、サルデーニャ島に次いで3番目に大きい島である。

北に位置するトルコまで75kmという地理的な面からアジア(中東または西アジア)に分類される場合もあるが[1]、ギリシャ系のキリスト教徒が多い為、ヨーロッパ(南ヨーロッパ)に分類される場合もある[2]。

地中海性気候で、夏は暑く、乾燥する。北部は海岸線に沿って山脈があり、首都ニコシアを中心とする中央部が平坦地となっている。南部は大部分が山地で、海岸線に沿って狭隘な平地がある。

島の最高峰はオリンポス山で、標高は1951m。冬は雪も降り、スキーができる。